バイク 保険 内容

バイク保険の内容について

一言に任意保険といっても内容はさまざまです。

 

対人にかかる保険だったり対物にかかる保険。

 

車両保険や盗難保険。

 

弁護士費用特約や携行品特約などもあります。

 

普段よく聞く保険や、そうでない物もあります、再認識の意味も含めて、

 

ここで任意保険の内容を一つ一つ確認していきましょう。

 

任意保険の主な内容

対人賠償保険
契約しているバイクで事故を起こし、相手を死傷させた場合に自賠責保険の保険金では足りない分の金額を補償する。
あくまでも人に対してのみ補償される。

 

 

対物賠償保険
契約しているバイクで事故を起こし、相手の財物(車や家や物)に損害を与えた場合で損害賠償責任を負った場合に補償される保険。
他人の物に対しての保険

 

 

自損事故保険
運転手の過失のみの事故を起こし、運転手が死傷した場合に補償される保険。
自賠責保険は自分の損害は補償しないのでその部分を補うことができる。

 

 

無保険車損害保険
事故を起こし、自分または同乗者に後遺症障害または死亡事故になった場合で、相手が保険に加入しておらず賠償を十分に受けられない場合に補償される保険。
後遺症障害、死亡事故のみしか補償されない。

 

 

搭乗者傷害保険
事故を起こし、運転手または搭乗者が死傷した場合に補償される保険。
事故はほとんどの場合過失がお互いに発生するので自分の過失分の金額を補償する。

 

 

車両保険
事故を起こし相手の過失分で補償されなかったバイクの修理費用を補償する保険。
単独事故も補償される、保険会社により当て逃げは含まれない。
自分のバイクを直す保険。

 

盗難保険
自分のバイクが盗難にあった場合に補償される保険。
通常のバイク保険会社が保障する盗難保険は補償が薄いものが多く、本格的な盗難保険は専門の保険に加入したほうが良い。

 

また、上記以外にも各保険会社のさまざまな特約があります。
その一例を記載いたします。

 

 

弁護士費用特約
事故を起こし、相手との損害賠償に等の問題が解決されず、弁護士へと業務が委託された場合にかかる弁護士費用を補償する保険。
法律相談も補償される。

 

 

携行品保障特約
事故を起こし、身の回りの物品(カメラなど)は破損した場合に補償される特約。
敷地内でおきた事故や国外で起きた事故は補償されない。

 

 

損害特約
バイクに乗っていない時におこしたケガを補償する保険
スキーで転んで足を折った時の入院費用など。

 

 

各バイク保険会社がさまざまなサービスを展開しており、保険加入者一人一人のニーズにあったプランが選べます。
自分に必要な保険は何かを良く考え選択することが大事です。