バイク 盗難

バイクの盗難について考える

バイクに乗る方誰もが一度は気にしたことがあるかと思います。

 

自分のバイク、盗まれないかな?

 

残念ながらもし、ご自身のバイクが盗難被害にあった場合、見つかる可能性は限りなく低いでしょう。

 

一説によるとバイクの盗難の未検挙件数は9割というデータがあります。

 

バイクの盗難のほとんどはプロによる犯行です。

 

盗難にあったバイクはどうなるか?

 

・すぐに海外に輸出し、転売されてしまう

 

・バラバラにしてパーツごとに売却されてしまう

 

いずれにしても早急にバイク本体や証拠の品が処分されてしまいます。

 

年間6万台とも言われているバイクの盗難に対してどのように対応するべきがを考えましょう。

 

 

ご自身のバイクが盗難被害にあわないために

 

キーを挿しっぱなしや、バイク単体で鍵をかける(電柱などと一緒に鍵をかけない)。

 

このような行為は論外です。

 

まずバイクの存在を知られないことが最大の防止策です。

 

悲しいことに、個人で行える完璧なバイクの盗難対策は無いといっても過言ではありません。

 

どんなに頑丈な鍵をかけても外すことは可能です。
どんなに立派な車庫に入れても侵入されます。
どんなに高性能なアラームやセキュリティを入れてもそれらをかいくぐりバイクを盗んでしまいます。

 

しかし実際にはバイクの存在を知られなないようにするのは不可能です。
人目につかないように、完璧にオブジェとして部屋に飾っておくのであれば良いかもしれませんが、それではバイクとは呼べません。

 

では他にはどのような対策をとるべきか?

 

簡単に言えば、犯人に盗難をしたくなくせば良いのです。

 

「このバイクを盗難するには手間がかかるな。」
「このバイクを盗難するより他のバイクを狙ったほうが効率がいいな。」

 

このように思わせる事です。

 

具体的には対策を何重にもかけることです。

 

鍵を複数個取り付ける
バイクカバーをかける
アラームをつける
バイクを取りだしにくい所に駐車する。(車の脇や後部など)
人感センサーライトの設置

 

小さな対策を何重にも重ねることにより、バイクの盗難被害あう可能性は低くなります。

 

しかしバイクが盗難される可能性はゼロではない

 

もしバイクの盗難被害にあってしまったら。

 

一つの救済点として、バイクの盗難保険があります。

 

もちろん盗難保険ではお金が戻ってきてもバイクは戻ってきません。

 

長年大切にしてきて愛着があるバイクや希少価値が高いバイクはお金では買えません。

 

しかしご自身に対して少なからず救われることはあると思います。

 

盗難保険は金銭面はもちろん、ご自身の心の負担も軽減してくれるでしょう。