バイク 事故

バイク事故によるその後

 

バイクで事故を起こし場合、どうなるか?

 

自身がケガをしたり、相手をケガさせたり。

 

最悪な場合、死亡事故の可能性もあります、交通事故とはそのような物です。

 

そして膨大な金額の請求をされてしまいます。

 

死亡事故や後遺症障害であれば億単位の請求も珍しくありません。

 

バイクで事故を起こした方の実際の例を確認していきましょう。

 

例1

 

バイクの運転中に誤って歩行者と接触、歩行者にケガを負わせた事故です。

 

被害者(歩行者)はケガの治療費や休業損害等で加害者(バイク)は300万の損害賠償を請求されました。

 

この場合、自賠責保険が適応されますが、後遺症障害等ではないので支払金額上限の120万円しか補償されません。

 

300万円-120万円=180万円はバイクが支払わなければいけません。

 

ここでバイクの保険に加入していれば180万円もバイク保険から補償されますので実質の自己負担は0円になります。

 

例2

 

バイクの運転中に車体のコントロールを誤ってガードレールに衝突。

 

バイクとガードレールは破損し自身もケガをおってしまいました。

 

この事故ではガードレールの修理代金30万円と自身の治療費に15万円、バイクは廃車になりました。

 

自損事故なので自賠責保険は適応外なので補償されず、全額実費の支払いとなります。

 

30万円+15万円=45万円の支払いが発生しました、この事故もバイク保険に加入し加入していれば自己負担は0円です。

 

もっと高額な事例も

 

死亡や後遺症障害で3憶の賠償を請求される事例も数多くあります。

 

仮に相手に後遺症障害を負わせ3億の請求をされたとします。

 

自賠責保険の適応額上限まで使っても4000万円の補償しか受けられません。

 

3億円-4千万円=2億6千万円です。

 

2憶6千万円もの負債を抱えてしまってはその後の人生は大きく変わってしまうでしょう。

 

事故の関係者以外にもその周りの人々にも多大なる影響を及ぼします。

 

けっして他人事ではなく、明日、自身に降りかかる可能性は十分にあります。

 

 

事故はどんなに気を付けていても起こってします。
誰にでも起こりうる事です。

 

もし事故を起こしてしまったら、そんな時の為にバイク保険に加入しましょう。
バイク保険はバイクに乗る自分や家族、大切な人を守るための物です。