バイク 自賠責保険 

自賠責保険の内容

自賠責保険とは自動車損害賠償保障法によって、全てのバイク(原付も含む)または自動車への加入が義務づけられている損害保険です。
加入が義務なので強制保険とも言われています。

 

これは交通事故の被害にあった方が必要最低限の補償を受けられるように国が定めたもので、当然自賠責保険に加入していないと罰せられます。
具体的には下記の処罰が課せられるでしょう。

 

6ヶ月の免許停止及び違反点数6点
1年以下の懲役または50万円以下の罰金

 

自賠責保険は必ず加入しなくてはいけない強制保険
自賠責保険に加入しないと処罰が課せられる

 

 

自賠責保険の補償対象者

自賠責保険は交通事故の被害者が対象となる保険です。
相手に対して補償する保険なので自分の損害に対しては補償されません。
また、人に対して補償される保険なのでバイクや自動車やガードレールや壁などの物には補償されません。

 

 

これらは補償されません
自損事故を起こしてしまった、壊れた自分のバイクを直したい。
自損事故を起こしてしまった、ケガをしたので治療費が欲しい。
車にぶつかってしまった、相手の車の修理代が欲しい。
ガードレールにぶつかってしまった、ガードレールの修理代が欲しい。

 

 

これらは補償されます
歩行者と接触事故を起こしてしまった、歩行者への治療費を払いたい。
自動車とぶつかってしまった、相手の運転手が首を痛めたので治療費を請求された。

 

自賠責保険は相手への障害と死亡の補償しかされません

 

自賠責保険の保障内容

自賠責保険は冒頭に述べたように、全ての交通事故の被害者が必要最低限の補償が受けられるために定められた保険です。
必要最低限なので補償金額はとても安く、大きな事故を起こしてしまった場合には自賠責保険だけではカバーしきれません。

 

下記に保障内容を記載いたします。

 

ケガの場合の最高限度額

120万円(1名につき)

 

治療関係費、文章料、休業損害及び慰謝料が含まれます。

 

 

後遺症障害の場合の最高限度額(相手に生涯完治することが難しい障害を負わせた場合の相手への補償)

神経系統の機能や精神・胸腹部臓器への障害で介護を要する障害
常時介護を要する場合(第1級)4000万円
随時介護を要する場合(第2級)3000万円
(いずれも被害者1名につき)

 

上記以外の後遺症障害
第1級3000万円〜第14等級75万円
(被害者1名につき)

 

後遺傷害による損害は、傷害の程度に応じた逸失利益、慰謝料などが支払われます。

 

 

死亡の場合の最高限度額

3000万円(被害者1名につき)

 

死亡によって発生した葬儀費、逸失利益、遺族への慰謝料が支払われます。

 

最高限度額は
ケガで120万円
後遺症障害で4000万円
死亡で3000万円